看護局のご案内

看護局の理念

温かい心の通う看護を実践します

基本方針

・患者さまの尊厳を尊重し、その人らしく生きることを支援します
・地域との連携を大切にし、つなぐ看護を実践します
・看護の専門性を発揮し、多職種とのチーム医療を推進します
・常に、自己研鑽し専門職としての責任と誇りを持ち、質の高い看護を実践します

看護局長のあいさつ

副院長兼看護局長


2022年4月1日
副院長兼看護局長  臼井 直美

2022年4月より看護局長に就任いたしました臼井直美と申します。

高砂市民病院は、市内唯一の公立病院として地域に根差した医療を担い、地域住民の生命と健康を守るという使命があります。

私たち看護局は、病院の基本理念に基づき質の高い看護サービスを提供するため急性期から回復期、終末期および在宅ケアにいたるまで、様々な看護の視点で医療と療養生活を支え・つなぐ看護が行える看護職員の育成を行っています。高い倫理性を持ち、その人らしさを大切に患者・家族の思いに寄り添った「温かい心のかよう看護」をめざしています。

2020年より新型コロナウイルス感染症患者の入院、発熱外来等に対応し感染予防対策に全力で取り組んでいます。また地域住民の方々のワクチン接種に携わり、感染拡大防止に努めております。

さらに、24時間患者さんを看守る看護師の健康を保持するため、13時間夜勤体制導入や柔軟な勤務への配慮、子育て支援、キャリア形成支援など、働き続けられる職場環境づくりに努めていきたいと考えています。

看護局の特徴

看護方式は「固定チームナーシング」で、患者に責任を持ち、継続した質の高い看護実践を行っています。継続年数の長い看護師が多く新人をしっかりサポートできる看護体制が強みです。新人ひとりひとり、その人の進捗状況に合わせたプログラムで育成しますので安心ですよ。

地域に根ざした病院を目指し、自治会や介護施設などへ出前講座に出向き、その場で健康相談も行っています。地域住民の健康予防と、介護と医療の橋渡しとなるような活動を看護師が中心となって行っています。

認定看護師が7名おり、その他の資格を持っている看護師も大勢います。スキルを活かした看護実践や専門外来など、看護師のやりがい感・自己実現をめざした教育体制があり成果を出しています。

仕事もプライベートも大切にしながら一緒に働きましょう!

看護局のご案内 目次