看護師募集TOPページ 看護局長のあいさつ

看護局長のあいさつ

副院長兼看護局長


令和3年4月
副院長兼看護局長  小幡 紀子

2020年は新型コロナウイルス感染症によって、看護業務の見直しと共に、感染対策の徹底と看護体制の整備が急務となりました。感染病棟も2年目となりましたが、自治体病院としての責任感と使命感を持ち、「温かい心の通う看護実践」を基本理念とし看護に努めております。

当院では、認定看護師を中心にしたチーム活動を多職種と共に実践し、在宅医療に向けた地域との連携強化を実践しております。そして、病院併設形訪問看護ステーションと緩和ケア病棟の強みを活かし、その人らしい時間を過ごしていただける環境と看護にも心がけております。

「生活」と保健・医療・福祉をつなぐための看護師の役割がこれからはさらに求められてくるはずです。高砂市民病院があって良かったと地域の皆様に感じていただけるように、2021年度は看護局スローガン「地域と共に 看護の力を つなげよう」のもと、スタッフと頑張って参ります。