後期研修医のご案内

研修医募集TOPページ 後期研修医 目次 募集診療科一覧 専攻医(後期研修)プログラム【整形外科コース】

専攻医(後期研修)プログラム【整形外科コース】

概要および特長

地域の中核病院として整形外科全般にわたって診療している。骨折、関節疾患、スポーツ傷害、脊椎疾患など整形外科疾患全般に対する幅広い知識と診療技術を習得し、日常診療に適切に対応できる医師を育成する。

平成27年度実績
  • 1日平均入院患者数 30.0人
  • 1日平均外来患者数 54.8人
  • 手術件数(年間) 334件
学会施設認定
  • 日本整形外科学会専門医制度研修施設

指導スタッフ

氏名
肩書
専門分野
専門医・認定医
長谷川 康裕
部長
  日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 脊椎脊髄病認定医
日本リハビリテーション医学会 臨床認定医
日本体育協会公認スポーツドクター
第2回日本赤十字社和歌山医療センター臨床研修指導医養成講習会
骨粗鬆症学会認定医
浅野 哲弘
医長
  日本整形外科学会 専門医
中村 圭
副医長
   
井上 忠俊
常勤嘱託
   
雑賀 健多
非常勤
   
山根 健太郎
非常勤
   
長谷井 嬢
非常勤
   

一般目標

  1. 整形外科疾患の病態を理解する。
  2. 整形外科疾患に対する診察法、検査法を習得する。
  3. 保存療法と手術療法の選択や方法を習得する。
  4. 日本整形外科学会専門医の資格取得に必要な症例経験、学会発表などを行う。

具体的目標

高砂市民病院整形外科プログラム到達目標(自己・指導医)評価表参照(別紙)

年次別行動目標

年次 行動目標
1年次 指導医とともに入院患者を担当する。
患者・家族と信頼関係を築き、病状や治療の説明ができる。
診断・治療に必要な基本手技が行える。
有効なチーム医療が行える。
2年次 主治医として入院患者を担当し、治療計画を立てることができる。
外来診察を行う。
指導医のもとで小手術を行う。
学会発表を行う。
3年次 救急患者の治療が行える。
指導医のもとで手術を行う。

研修方法

  1. 指導医のもと入院患者を担当する。
  2. 外来診療を行う。
  3. 救急患者の診療を行う。
  4. 症例検討会、抄読会を行う。
  5. 学会発表、論文作成を行う。

週間スケジュール

午前 午後
回診、病棟か外来 合同回診、カンファレンス
回診、手術 手術
回診、病棟か外来 検査
回診、手術 手術
回診、病棟か外来 カンファレンス

研修医募集に関するお問い合わせ

高砂市民病院

〒676-8585
兵庫県高砂市荒井町紙町33番1号
TEL 079-442-3981
FAX 079-442-5472
E-mail : tact5510@city.takasago.lg.jp