TOPページ 診療科・部門のご案内 血液浄化(腎)センター

血液浄化(腎)センター

血液浄化(腎)センターからのメッセージ

透析センター当院の透析治療は歴史が古く、昭和44年から多くの透析症例に対応してまいりました。腎代替療法の説明、透析導入時の教育、維持透析中の合併症・併発疾患・各種手術などに対応可能な総合透析センター病院としての役割を果たしております。また、急増している糖尿病や高齢者の透析にも力を入れています。

 
H26年
H27年
H28年
H29年
透析ベッド数
38
38
38
38
当院維持血液透析患者数
120
115
114
93
他院からの入院血液透析患者数
129
144
95
68
透析導入患者数
70
62
62
52
PD患者数
37
32
33
22

血液透析実施曜日と時間帯

曜日
時間帯
8:30~13:30
14:00~19:00

PD(腹膜透析)外来

第2・第4水曜日  予約制

療法選択外来

水曜日 14時 予約制
血液透析・腹膜透析・腎移植など今後の治療についての説明と相談をお受けいたします。

シャント管理

当院では、シャント狭窄の早期発見のためシャントエコーを行っています。血管内の状態や血流を調べ、シャント閉塞の予防、早期治療につないでいます。放射線科にてバルンカテーテルを使用して血管を内側から広げる経皮的血管拡張術(PTA)を、外科にて血管内血栓除去術やシャント再建術を行っています。
また、日頃からスタッフがシャント音やシャントスリルなどを確認し、シャントトラブルを早期に発見できるよう、保存期・導入期・維持期にわたり教育指導しております。

透析教室

機関紙を発行することになりました。PDFにてご覧いただけます。