循環器内科

循環器内科からのメッセージ

池田 嘉弘 部長心臓疾患には緊急を要する治療が必要となることがあります。当院においてはこのような緊急処置を必要とする心臓疾患の患者さまに対処できるよう、病棟に集中治療室をもうけ、いつでも受け入れられる体制にしています。わたしたちの病院では、心血管造影装置やシンチレーションカメラ、心エコー、トレッドミル負荷装置、24時間心電図といった精密な診断装置を有しています。疾患に応じてカテーテル検査を行い、冠血管の拡張療法を行います。あるいは心臓ペースメーカー植え込みといった根本的治療を行うことができます。

スタッフ紹介

氏名
肩書
専門分野
専門医・認定医
池田 嘉弘
部長
循環器
一般内科
日本循環器学会 専門医
日本内科学会 総合内科専門医・認定医・指導医
田辺 慶司
部長
循環器
一般内科
日本循環器学会 専門医、日本内科学会 総合内科専門医、日本超音波医学会 超音波専門医
嘉悦 泰博
非常勤
循環器
一般内科
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベーション治療学会認定医
厚生労働省認定臨床研修指導医

循環器内科 週間外来診療予定表

1診
午前
池田
池田
田辺
嘉悦
池田

※金曜は予約・紹介患者のみ

疾患の説明

カテーテル治療体制

カテーテル狭心症や心筋梗塞では、血管自体を治療することが不可欠である場合がしばしばあります。その際の治療法としてカテーテルを用いた冠血管形成術とバイパス手術があります。それぞれの治療が適する病状が決まっていますので、心筋シンチや冠動脈造影法の結果で判定します。現在わが国では冠血管形成術が選択されることが多く、救急で来院される急性心筋梗塞や不安定狭心症など重症例につきましては、救命のために緊急にカテーテル治療を行うことがしばしば必要となります。当院では緊急カテーテル治療をいつでも行なえるような体制を組んでおり、カテーテル・インターベンションを行っています。正確な判断をくだすため心筋シンチ(SPECT)や高度な血管造影撮影装置(フラットパネル)がそろっています。 狭心症、心筋梗塞の疑わしい患者さまは、診断と治療のために本院に受診ください。

検査法について
トレッドミル運動
負荷試験
動くベルトコンベアの上を歩きながら心電図、血圧を記録します。狭心症の方の診断に有用です。外来予約で検査します。
ホルター24時間
心電図
小型の携帯型心電計を腰に取り付け、24時間の心電図を記録します。狭心症発作や不整脈の診断に有用です。外来予約で検査します。
心エコー(心臓超音波検査) 超音波を使って心臓の形態、動きを評価する検査です。心臓の機能障害、弁膜異常、形態異常などがわかります。心筋梗塞、心筋症、弁膜症に有用です。外来予約で検査します。
心筋シンチ 電動ペダルを踏むか血管を広げる薬を注射して、試験薬を注射します。その後、心臓の写真をとります。狭心症、心筋梗塞、心筋症に有用です。外来予約で検査します。
カテーテル検査
(冠動脈造影)
腕や足の血管から細い管を(カテーテル)を入れて、心臓まで進め、造影剤と撮影装置で血管を映し出す検査です。心臓を養う血管である冠動脈にどれだけ動脈硬化がおこっているのかを診断します。狭心症、心筋梗塞に有用です。

治療法について

経皮的冠血管インターベンション療法(PCI:冠血管形成術) 冠動脈の動脈硬化による血管の狭窄、閉塞を風船で拡げ、場合によっては、ステントという金属メッシュを用いて拡張部分を支持する根治的な治療法です。
ペースメーカー療法 脈の遅い方などでめまい、ふらつきなどに適応になる場合があります。小さなマッチ箱程度の装置を胸の皮下に植え込んで、心臓に刺激を送るリードをつなぎ拍動を助けます。