TOPページ 高砂市民病院の概要 院内活動のご紹介 高砂市民病院オープンカンファレンスのご紹介

高砂市民病院オープンカンファレンスのご紹介

高砂市民病院オープンカンファレンスをご存知ですか?

当院では、地域のみなさまへよりよい医療を提供するために多職種連携を密にして関わらせて頂いています。
高砂市民病院オープンカンファレンスは、様々な職種の医療従事者が「お互いを知り・認め合い・部門を越えた協力体制の強化」を目標に活動しています。 毎月第4木曜日17時30分から約2時間、ひとつのテーマに沿って色々な職種が集まり勉強しています。また毎回、近隣の関連医療施設や医療従事者の方々にも参加していただいています。
共に学ぶことで地域医療のレベルアップに貢献していけるよう知識、技術の研鑽に努めています。

次回の開催についてのご案内

 9月の高砂オープンカンファレンスのご案内(PDF:54KB)
 10月の高砂オープンカンファレンスのご案内(PDF:62KB)
 11月の高砂オープンカンファレンスのご案内(PDF:81KB)

平成31年4月25日(木)高砂オープンカンファレンスを開催しました。

大森整形外科医院院長 大森 裕先生から開催のご挨拶をいただき平成31年年度第1回高砂オープンカンファレンスがスタートしました。
平成最後のオープンカンファレンスは各部署より、業務紹介や取り組み内容、学会発表報告などについてご発表いただきました。

【今月の内容】

講演1 「臨床工学技士の業務紹介」 臨床工学室 木村一樹
講演2 「医療情報業務について」 医事課医療情報係 河野孝幸
講演3 「ポリファーマシーの取り組み」 薬剤科 石見淳子

講演4 「作業療法について」 リハビリテーション室 多田知史
講演5 「各部署の必要な手指衛生はこれだ」 感染管理認定看護師 中島博美
講演6 「周術期連携用紙を用いた部署間での患者情報共有の評価」 手術室看護師 大久保美貴

講演7 「ローテーション勤務におけるMRI検査内容標準化の取り組み」中央放射線室 堀井俊史
講演8 「昨年度に中央検査科で学会発表して微生物検査関連の症例」 中央検査科 伊藤拓哉

最後に永田院長の挨拶で4月のオープンカンファレンスは閉会となりました。
今回は、院内外より73名の参加がありました。

次回は5月23日 テーマは『医療倫理』です。
多数の方のご参加をお待ちしております。

過去の院内発表会

 2019年度
 2018年度
 2017年度
 2016年度
 2015年度
 2014年度