TOPページ 高砂市民病院の概要 院内活動のご紹介 高砂市民病院オープンカンファレンスのご紹介

高砂市民病院オープンカンファレンスのご紹介

高砂市民病院オープンカンファレンスをご存知ですか?

当院では、地域のみなさまへよりよい医療を提供するために多職種連携を密にして関わらせて頂いています。
高砂市民病院オープンカンファレンスは、様々な職種の医療従事者が「お互いを知り・認め合い・部門を越えた協力体制の強化」を目標に活動しています。 毎月第4木曜日17時30分から約2時間、ひとつのテーマに沿って色々な職種が集まり勉強しています。また毎回、近隣の関連医療施設や医療従事者の方々にも参加していただいています。
共に学ぶことで地域医療のレベルアップに貢献していけるよう知識、技術の研鑽に努めています。

次回の開催についてのご案内

 高砂オープンカンファレンスのご案内(PDF:172KB)

平成31年2月28日(木)高砂オープンカンファレンスを開催しました。

今回のテーマは『高齢者医療』です。
大森整形外科 院長 大森 裕 先生 から開催の挨拶をいただき
第9回 高砂オープンカンファレンスがスタートしました。

【今月の内容】
『高齢者医療』

講演1.『高齢者ケアチームの活動報告~検査室の取り組み~』
高砂市民病院  看護局 御栗 朋美 課長
      中央検査科 赤松 美保 検査技師
講演2.『高齢者医療について 服薬アドヒアランス』
高砂市民病院  病院長 永田 正男 医師
講演3.『虚血性心疾患について』
高砂市民病院 循環器内科部長 田辺 慶司 医師

特別講演『認知症高齢者の個別性を踏まえた生活支援について』
兵庫県立大学看護学部 老人看護学講師 中筋 美子先生

講演1『高齢者に優しい病院を目指して』
高齢者ケアチームの活動が4年目となりました。
検査室では高齢者の目線での安全な環境作りに取り組み
高齢者が安心して検査を受けられるよう対応しています。

講演2
高齢者医療の課題、特に服薬管理の問題や多剤併用による身体的弊害など、服薬アドヒアランスについて・・薬剤師の介入の必要性とその根拠を学び、高齢者の薬剤管理はチームで関わる事の大切さを,改めて実感しました。

講演3
虚血性心疾患は高齢でも早期に発見し、治療を行う事で心機能が保て、ADLを維持できその人らしい生活を継続することができる。「高齢だから・・」と決めつけず療養支援を行うことが大切であると学びました。

特別講演
認知症の方の手記“認知症とともに生きる希望宣言”
一足先に認知症になった私たちから全ての人たちへ・・を通して
認知症の方が感じている生きにくさを知りました。認知症の方ひとくくりに関わるのではなく、認知症をもつ一人の“人”として尊重し、その人中心としたケア(パーソン・センタード・ケア)を行う大切さを
学びました。多職種チームで連携し、高齢者に優しい病院をめざして努力したいと思います。

最後に永田院長先生の挨拶で・・2月のオープンカンファレンスは閉会となりました。
今回の参加者は院内外で57名でした。
次回、4月25日(木)テーマは『院内活動報告会』です。多数の方のご参加をお待ちしております

平成30年度 高砂市民病院オープンカンファレンステーマ

4月
テーマ【緩和ケア】
緩和ケアチームのあゆみとチーム医療
緩和ケア病棟における疼痛管理
5月
テーマ【中枢・末梢カテーテル管理】
当院におけるCVカテーテルの現状分析
PICCの適応症例と挿入方法について
血管内留置カテーテルの選択と管理方法について~PICCを中心に~
6月
テーマ【医療安全】
当院のヒヤリハット報告
転倒に薬が!!
転倒転落予防について
理学療法士の立場から
7月
テーマ【整形外科領域】
CT検査による椎体形態骨折の評価
更年期障害と整形外科疾患
外傷と関節外科
9月
テーマ【摂食・嚥下】
食事と栄養
栄養とリハビリテーション
多職種・包括的サポートで患者・家族の食べたいと叶える
10月
テーマ【防災】
高砂市の防災対策の現状について
血液浄化センターの防災対策
中央検査科での取り組み
アクションカードをご存知ですか?
院内の備蓄について
11月
テーマ【感染】

過去の院内発表会

 平成30年度
 平成29年度
 平成28年度
 平成27年度
 平成26年度